ガーミンエッジ510 インプレッション

GarminEdge510を実際に(1年)使ってみた感想

これまでにGarmin Edge500(海外版)⇒Edge510J(日本語版)と使ってきていますが、実際にEdge510を使ってみての感想です。
2年ほどEdge500を使用し、その後Edge510への買い替えでした。

 

購入した理由に深い訳はありませんが、Edge510からの新機能「bluetoothによるスマホとの連携」が魅力に感じたのが一番です。正直Edge500にもかなり満足していたので当初は特に買い替える気はなかったのですが、つい購入してしまった感じです。笑

 

そのため当初購入予定ではなく、日本版が発売されてから1月ほど経っての購入でした。
かれこれ1年近く10,000km弱をともにしています。

 

Edge510の今更インプレッション

最も良い点

Edge510については「Garmin Edge 510・Edge810の機能と違い」でもまとめていますが、やはり使ってみて一番便利だと感じているのは保存後に行われるデータのアップロードです。今まで(Edge500)ではUSBに繋いで・・・と面倒だったのですが、Edge510はその煩わしさが皆無です。

 

ライブトラッキングはと言うと購入当時は遊びで何度か使ってみただけでそれ以来ほぼ使っていないですね。ただ、妻子持ちの方とかは結構使える機能じゃないかなと思います。あとは、レースやイベントに参加したときにSNSなどでライブトラッキングで走りをリアルタイムで晒すのも面白そうだと思いつつ結局やっていない感じです。笑

 

友人のライブトラッキングを見たことがありますが、更新が遅いのはネックですね。最近この機能は使っていないので改善されているのかは不明ですが、当初はリアルタイムとは程遠い出来でした。

 

タッチスクリーンは結構使いやすい

タッチスクリーン(タッチパネル)は最初は半信半疑でしたが、今となってはすごく便利だなと思います。やはりバイク上で直感的に操作できるのは良いです。感圧式のパネルのため、冬場でも問題なく使えています。若干操作とのタイムラグがあるのは残念ですがさすがにスマートフォンのようにヌルヌルは動かないですね。あそこまでいったら最高なんですが。

 

また、タッチスクリーン機能に備えてかディスプレイサイズも随分大きくなりましたが表示項目も多く表示できるため、色々なデータを取りながら走る私にとっては嬉しい点です。表示項目が少ない方でもその分表示が大きくなるため、走行中でも視認性が向上していると思います。

 

タッチスクリーンによりボタンが3つになっていますが、問題なく使えます。
逆にそれぞれの役割が明確に分かれたため、とても使いやすくなったと思います。

 

その他ちょっと良い点

GPSの性能

個人的に結構驚いたのと地味に嬉しいのが「GLONASS衛星」対応です。
位置情報の取得がEdge500に比べて格段に速くなっています。
Edgeは確か30秒ほどかかっていましたが、Edge510は5秒あれば十分拾います。また、Edge500では屋内で位置情報を拾わなかったのですが、Edge510は屋内でも拾います。このGPS機能の向上は地味に嬉しいところです。

 

起動が速い

また、Edgeの起動までの時間が早くなっており、瞬時に立ち上がるのもいいですね。だいたい走り出す直前に電源ONするのでわずかな時間ではありますが、ストレスがないのは嬉しいところです。

 

カスタマイズ性

アイコンやカラー変更など細かい変更が可能なのは自分仕様にカスタムでき地味に良いと思っています。
表示領域の拡大で一画面多くの情報を表示できるのも良い。

 

詳細な勾配表示

勾配の単位が小数点以下まで表示されるようになっています。
10%以上の勾配は小数点以下は表示されませんが、10%以下の場合9.4%とか6.0%みたいに細かく表示されます。
坂好きには地味に嬉しい機能です。

 

補足事項

Edge510はスマホと連携しているとEdge500と違いデータのアップロードがトレーニング終了後のデータ保存と同時に行われます。
Edge500は毎回PCでデータをアップがてらバッテリーの充電を行っていましたが、それがなくなりました。
つまり(私の場合は)充電する機会がかなり減りました。

 

そのためはじめの頃は充電し忘れてバッテリー切れなんてことも何回か経験しています。これは利便性とのトレードオフかもです。
ただ、駆動時間は20時間あるので1日に200km以上走るような強者でもない限り充電フルの状態から1日で充電切れを起こすようなことはないと思います。ライブトラッキング機能を使っていても10時間くらいは持ちそうな感じです。週間250kmくらいまでなら充電なしでも行けそうです。

 

あとは、Edge上での保存データの確認がかなり見辛くなったのは残念なところ。
スマートフォンアプリの「Garmin Connect Mobile」が結構残念な出来(細かいデータも見れない)のでEdge510で見ようとしても一画面で納まらない感じがなんとも見辛いです。(私だけ?)

 

この辺りのアップデートで改善されるかなぁと期待はしていますが、特に変わらないですね。
あと日本版はハートレートモニターとケイデンスセンサー付きの物しか販売されてないのはGarminユーザーにとっては不満な点です。

 

総評

正直Edge500とあまり変わらないだろうなぁと思って買ったものの十分満足できる代物でした。

 

基本的な機能については大きな変更点はないですが、bluetoothによるスマホとの連携の恩恵は大きいと思います。
とりあえずGarmin Connectでデータ管理している方にとってはかなり便利に進化していると思います。